階段昇降機は家の間取りを考えて設置

固定型階段昇降機の設置場所に関する注意

ここでは、固定型の階段昇降機に関心を持ち購入を検討したいという方向けに、自宅などの希望の場所に設置するために、どのような点に注意して検討すればよいかについて、大まかなまとめを書かせていただきます。
階段昇降機を設置するには、まずレールのスペースおよび昇降機の動作スペースを確保するために、階段に70cmから80cm程度の幅が必要になります。
また停止中の昇降機の収納スペースとして、階段の両端のレールを伸ばせる範囲の位置に、折りたたんだ状態の昇降機の大きさのスペース、およそ幅50cmから60cm、奥行き40cmから50cm程度の空間が必要になります。
さらに重要な問題として電源の確保があります。階段昇降機は通常の家庭用コンセントで充電できる物が多いのですが、レールの両端のどちらかのあたりに壁から直接取れるコンセントがあることが望ましいです。延長コードの使用も考えられますが、通行の安全を考えてできるだけ避けた方がよいでしょう。
最後に業者との相談、見積もりが必要になると思われる事項についてです。
固定型の階段昇降機にはレールが不可欠ですが、このレールは通常床側、つまり階段の踏み板に対して工事を行い固定します。つまり階段の踏み板の材質、床下に工事に影響を与える設備などがあるかどうか、また昇降機の収納スペース周辺のドア、その他設備との干渉チェックなどについて業者との相談が必要になります。

階段昇降機を使って便利な暮らしを楽しもう

お年寄りや体の不自由な家族がいらっしゃるご家庭は、階段昇降機を検討すると普段の生活が楽になっておすすめです。階段昇降機は階段があるスペースに設置するだけで座って階段を自動で昇り降りすることができます。なので、無理して階段を昇り降りする必要がなく、階段から足を滑らせて落ちたりなどのケガをする危険性もなくします。高齢者や体の不自由な方でも快適に二階のスペースを使うことができるようになりますので、住まいの使い方も広がってとても便利だと言えます。階段昇降機は椅子に座って階段を自動で昇り降りするものが多いのですが、中には車いすごと乗せれるものもありますので、車いすを使っている方にも便利です。重い荷物などを階段の上に運びたい時などにも使えますので、階段昇降機があると暮らしがとても楽になることでしょう。階段の形にも種類がありますが、その種類に合わせて階段昇降機を設置することができますので、悩む心配もありません。また、屋内だけではなく屋外にも階段昇降機は設置できますのでご自宅の必要なところに設置するといいでしょう。階段昇降機を専門で扱っている業者にはショールームを設けているところもありますので、近くにそういったところがあれば見学しに行くのもいいと思います。

post list

2017年10月23日
階段昇降機はリフォームのときに設置すると効率的を更新しました。
2017年10月23日
階段昇降機のレンタルサービスを更新しました。
2017年10月23日
螺旋階段でも平気を更新しました。
2017年10月23日
階段昇降機は家の間取りを考えて設置を更新しました。