階段昇降機は自動車に匹敵するほどの価格

階段昇降機の主な種類と特徴

近年はバリアフリーの意識もかなり浸透し、さまざまな商品、サービスにおいて体の不自由な方でも支障なく利用できるものが増えてきました。また設計時や製造時にバリアフリーを想定していなかったものについても、それを補助、補完するタイプの商品なども開発されています。
階段昇降機はそんな商品の1つです。車椅子の方やその他足の不自由な方の利用が想定されていない屋内、屋外の階段をバリアフリー化する目的で利用されます。
階段昇降機には主に可搬型と据え付け型の2種類があります。可搬型は荷物運搬用の手押し車に似た形で、車椅子ごと運ぶ仕様のものと、人が直接座れるように昇降機側に椅子が付いている仕様のものがあり、どちらも体をやや後ろに倒した姿勢で座った人を特殊な車輪の構造を利用して上げ下ろしします。椅子付きのものは簡易的な車椅子としても使えるものもあります。
据え付け型は、特定の階段の横に固定して設置する種類のもので、階段の方向や傾斜に合わせて設置したレール状のガイドに沿って、人が直接座ることができるイス型もしくは車椅子ごと乗ることができるリフト型の昇降機が移動することによって階段を昇り降りすることができます。
可搬型はもちろん、据え付け型でも個人利用向けのものが市販されていますが、意外にも、大げさな設備の据え付け型の方が価格は安いものが多く、可搬型は据え付け型の2倍3倍の値段がすることも珍しくありません。

階段昇降機のメリットと価値

お年寄りや足の不自由な方にとって、階段の昇り降りは時間と体力の消費が大きく、苦痛と言ってもいいほどの大仕事です。また昇り降りが大変なだけでなく、障害や足腰の老化などにより独力では昇り降りができず、介護者の付き添いが必要な場合もあります。
どちらにしても、個人住宅などの狭い階段での昇り降りは、健常者であっても注意が必要なほど危険なことも多く、階段からの転落を防止するための肉体的、精神的労力は多大なものとなります。
そのような苦労を毎日のようにされている家庭におすすめなのが階段昇降機です。階段昇降機を利用することで、付き添いの必要もなく、階段移動の労力を大幅に抑え、転落をはじめとする事故を確実に防止することができます。この機器はバイクや小さな自動車に匹敵するほど高価格ではありますが、危険防止のみならず使用者自身や付き添いの方の時間や労力を節約できることを考えれば、十分検討に値する商品なのではないでしょうか。
階段昇降機はいまだ社会的な認知度は低いですが、現在でも様々なメーカーから様々なタイプ、バリエーションの機器が発売されていますので、ぜひ1度、ネット通販サイトやホームページ検索などで情報収集をして、ご自身の事情や環境に合った製品を探してみることをおすすめします。

京都本社の大展示会にて階段昇降機の試乗が出来ます。 「楽匠Z」という新たなベッドを利用している方々のお声をHPにてご紹介しております。 段差解消機は不便な段差も安全に昇り降りすることができるため安心です。 当社の工事例を随時更新しておりますので、ぜひご覧になって下さい。 階段昇降機の設置により介助者の負担を減らしていくことができます。 福祉用具購入に関してご不明な点は、お気軽にお問合せ下さい。 階段昇降機等福祉利用具を全国にお届け!

post list

2017年10月23日
階段昇降機はリフォームのときに設置すると効率的を更新しました。
2017年10月23日
階段昇降機のレンタルサービスを更新しました。
2017年10月23日
螺旋階段でも平気を更新しました。
2017年10月23日
階段昇降機は家の間取りを考えて設置を更新しました。